スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GODZILLA 怪獣惑星』の超巨大ゴジラ 君の名は!?





ag171220002.jpg

史上最強・史上最大のGODZILLA出現!! 

 現在公開中のゴジラシリーズ初のアニメ映画

GODZILLA 怪獣惑星 

ag17122001.jpg




 この映画の終盤に衝撃の登場をする身長300mの超巨大ゴジラ
 ゴジラ映画史上最強最大のこのゴジラの名前が発表されました。

ag17122003.jpg

ゴジラ・アース

 2万年の時が経過し、ゴジラが生態系の頂点となり怪獣惑星地球を舞台に、宇宙を彷徨った末に帰ってきた人類とゴジラの地球の覇権をかけた戦いを描く『GODZILLA怪獣惑星』。
 植物起源で身長300mもの巨体で怪獣惑星・地球の支配者として君臨するゴジラ・アース。映画館で見た時には、その圧倒的な存在感に息を飲みました!

ag17122004.jpg

ag17122005.jpg

 来年2018年5月にはアニメゴジラ第2章

GODZILLA 決戦機動増殖都市

ag17112601.jpg

ag17112602.jpg

 第2章では対ゴジラの切り札メカゴジラの活躍が噂されており、また第1章ラストに登場した褐色の少女の線からモスラの登場も予想されています。
 超巨大のゴジラ・アースに、メカゴジラとモスラはどう戦うのか?
 来年5月の第2章公開を期待して待とうと思います。

 

スピルバーグ監督作で機動戦士ガンダムがハリウッドデビュー!





rp17121101.jpg

ガンダム ハリウッドに行きまーす! 

 スティーブン・スピルバーグ監督が手掛けるSF映画の最新作

レディ・プレイヤー1

rp17121103.jpg

 この映画の予告編が公開されましたが、思わず声を上げてしまいました!

◎予告編



rp17121104.png
rp17121105.png
平凡な主人公ウェイド・ワッツ
彼の楽しみは、VR世界を体験ゲーム「オアシス」

rp17121106.jpg
仮想世界ではデロリアンを乗り回す。

rp17121107.jpg
キングコングがビルに登り

rp17121108.jpg
アイアン・ジャイアントが大地を闊歩する。

rp17121109.jpg
個性豊かなオアシス世界のプレイヤーたち
真ん中に格闘ゲーム『ストリートファイター』の春麗の姿が!

rp17121110.jpg
rp17121112.jpg
rp17121113.jpg
そして・・・・・、

rp17121114.jpg
機動戦士ガンダムが登場!

rp17121115.png
タイトル

 なんなんだ、この人気キャラクターが大挙登場のなんでもありSF映画は!
 アーネストクラインが原作のSF小説『ゲームウォーズ』を基にしており、、西暦2045年のアメリカ・オハイオ州コロンバスが舞台。VRの世界を体験できる仮想ネットワークシステム「オアシス」を開発して巨万の富を得たジェームズ・ハリデーが死去し、謎を解き明かした者にすべての遺産を譲るというメッセージが発信されます。主人公の高校生ウェイド・ワッツはその「大いなる遺産」の争奪戦に参加しますが・・・・・というストーリーのようです。

Rr17121102.jpg
『レディ・プレイヤー1』のイメージビジュアル
ガンダムと三式機龍が戦っているのですが・・・・!?

 予告編で衝撃の登場している『機動戦士ガンダム』のRX-78ガンダム。かっこよくポーズも決めているだけに映画では大活躍しそうな雰囲気ですが果たして・・・・・!


 スピルバーグ監督が放つSF映画『レディ・プレイヤー1』は2018年4月20日公開予定です。
 一体何が飛び出すのか?2018年期待の映画がまたひとつ見つかりました!

恐竜映画 『ジュラシックワールド2』 予告編公開





jw217120901.jpg


2015年に公開された恐竜映画『ジュラシック・ワールド』の続編

ジュラシック・ワールド:フォールン・キングダム

jw217120902.jpg

 この映画の予告編が公開されました。

◎予告編



jw217120903.png
jw217120904.png
前作の主人公オーウェンとクレア

jw217120905.png
jw217120906.png
廃墟となったジュラシックパーク、そこは完全に恐竜世界となっていた。

jw217120907.png
jw217120908.png
jw217120909.png
恐竜たちと再会するオーウェン。オーウェン向かい合うラプトルはかつて彼が育てたプルー
それにしてもティラノサウルスは相変わらずの迫力!

jw217120910.png
シリーズ再登場のイアン・マルコム博士 さすがに老けたな

jw217120911.png
jw217120912.png
jw217120913.png
突如発生した噴火!
火砕流から残っていたアトラクションの乗り物に乗って恐竜たちと一緒に避難するオーウェンたち
一体この島で何が起きているのか!?

jw217120914.png
タイトル

 予告編を見る限り「恐竜がどうなっているか島に戻ったら、たまたま噴火に巻き込まれて、さぁ大変!」という感じがしますがどうなのでしょうか?
 終盤の火砕流から恐竜たちと逃げるば場面では、今までに出てこなかった種類の恐竜もチラホラと見えてて映画が楽しめそうですね。シリーズ復帰のマルコム博士は公聴会らしき場で証言をしてますが、再び恐竜の島に行くことなるのか?なによりオーウェンやクレアと出会うのか?
 今後の新情報を期待して待ちましょう!

 『ジュラシック・ワールド:フォールン・キングダム』は2018年6月22日全米公開予定です。
 日本では7月か8月の夏休みの注目映画として公開されるでしょうね。

◎第1作目『ジュラシックパーク』予告編





 

『君の名は。』 地上波放送決定





kimina17120701.jpg

 大ヒットアニメ 地上波放送へ! 

空前の大ヒットを飛ばした新海誠監督のアニメ映画

君の名は。  

kimina17080101.jpg

 この映画が2018年1月3日午後9時からテレビ朝日にて初の地上波放送されることが発表されました!

kimina17120703.jpg




 テレビ朝日は11月の『シン・ゴジラ』に続く大ヒット映画の地上波放送です。『シン・ゴジラ』の放送は僕もリアルタイムで見ましたが、ほぼノーカットで見応えのある放送で好評を博しました。
 今度の『君の名は。』の放送もゴジラの時と同じように、丁寧で見応えのある放送にしてほしいですね。
(どこかのテレビ局みたいに、エンディングに余韻をぶち壊すような演出は絶対にしないで下さいね!)

 地上波放送が決定したことに新海誠監督は、

「地上波のゴールデンタイムに自分の作った映画を観ていただけるなんて、これまで想像したことがありませんでした。自分が子どもの頃はテレビで観る映画はとても楽しみでしたし、そこでしか知ることができなかったものもたくさんありました。そういう意味では、自分が子ども時代に受け取ったものを、今度は自分が違う世代の方たちに届けることができるようになって、ようやく大人になれたような、幸せな気持ちを感じます」

kimina17120702.jpg
新海誠監督

「映画は自分でチケットを買って観に行く、とても能動的なメディアだと思うのですが、テレビはもっとカジュアルで暮らしの場にある存在ですし、どんなふうに観ていただけるのか、とても興味深いですね。でも、想像もつかないほど多くの方々が、想像もしていなかったぐらいこの作品を好きになってくれるかもしれないと思うと、未知の視聴者との出逢いが楽しみですし、何が起きるのかちょっとドキドキしています。新年の放送では同じ時間に何十万人、何百万人の人が観るので、いろいろな感情が同じ瞬間に起きる……。そんなにも多くの人と作品を共に楽しむのは、繰り返し映画を観た方にとっても初めての経験だと思うので、“同時代感”、“リアルタイム感”みたいなものを楽しんでいただければ」


  『君の名は。』の地上波放送はテレビ朝日系列で新年2018年1月3日午後9時より放送予定です。
 個人的に気がかりなのは、僕は毎年1月2日~3日は新年のあいさつで自宅を留守にしますから、果たして1月3日午後9時からの放送を見ることができるのか?ひじょ~に心配になってます。





 
 

ヒーロー大集合第3弾 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 予告編公開!





aw171130011.jpg

キャップが髭をはやしている! 

 アイアンマンやキャプテンアメリカなどマーベル作品のヒーローが集結して戦うアベンジャーズのシリーズ第3弾

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

aw17113018.jpg




 この映画の予告編が初公開されました。

◎予告編



aw17113002.png
なにやら悩んでいるトニー・スターク

aw17113003.png
『アベンジャーズ』初登場のドクター・ストレンジとウォン

aw17113004.png
スカーレット・ウィッチと見つめ合うヴィジョン

aw17113005.png
笑顔のハルクことブルース・バナー 無事地球に戻ってこられたようです。


aw17113006.png
金髪になったブラック・ウィドウ

aw17113007.png
逆立つ自分の腕の毛を見て驚くピーター・パーカー

aw17113008.png
都市の上空に現われる円形の飛行物体

aw17113009.png
事態を見守るトニーの後方にドクター・ストレンジとバナーとウォン

aw17113010.png
コズミックキューブを手に持つロキ

aw17113011.png
新コスチュームのスパイダーマン

aw17113012.png
部下を引き連れて現れたブラックパンサー

aw17113013.png
やっとアベンジャーズと対峙する最強の敵サノス

aw17113014.png
キャプテンアメリカを先頭に突撃する正義の軍団

aw17113015.png
タイトル

aw17113016.png
そしてガーディアンズ・オブ・ギャラクシー!
ここでマイティ・ソーとご対面してます。

 予告編が公開されたアベンジャーズ第3弾!
 ついに・・・というかやっとこさ最強の敵サノスがアベンジャーズと激突するみたいですね。アベンジャーズと戦うまでが長かったなサノスよ・・・・。
 今回のアベンジャーズからドクターストレンジやスパイダーマンが加入しますが、一番の関心はピーター・クイルことスターロード率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの登場です。
 はたしてアベンジャーズとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーはどのようにして出会うのか?楽しみですね!
 それと予告編にアントマンの姿がありませんでしたが、ちゃんと登場しますよね?

aw17113017.jpg
撮影現場での左からトニー・スターク、ピーター・パーカー、スターロード
後ろのセットが気になる・・・・




 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日公開予定です。



ゴジラ 戦慄のアニメデビュー! 『GODZILLA怪獣惑星』 ネタバレ感想





ag17112001.jpg

ゴジラ 空前絶後のアニメデビュー!

 ゴジラシリーズ第30作目ににして初のアニメ化

GODZILLA怪獣惑星

ag17081702.jpg

◎予告編





 静岡市のシネシティザード静岡にて重低音体感上映で観てきました。
 重低音体感上映とは通常より音量を高くして爆音状態しての上映らしいので音が迫力あります。

<ストーリー>

 20世紀末、人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。なかでもほかの怪獣を駆逐する力をもったゴジラの暴威は凄まじく、半世紀に渡り敗走を重ねた人類は種全体の存続を図り、一部の人間を他星に移住させる計画を立案。2048年に、恒星間移民船の1つ「アラトラム号」は、コンピュータによって選抜された一部の人間と、同盟を結んでいた異星種「エクシフ」と「ビルサルド」の人員を乗せ、11.9光年彼方のくじら座タウ星eを目指して旅立った。

しかし、20年後に到着した惑星は人類が生存するには適さない環境であることが判明し、移住計画は事実上失敗に終わる。船内での生活も限界に近づいていたことを受けて、アラトラム号は危険とされる長距離亜空間航行で、往路よりもはるかに短い時間で地球へ帰還する。しかし地球では亜空間航行の影響で約2万年もの歳月が経過しており、人類の文明が失われた地上にはゴジラを頂点とした新たな生態系が築かれていた・・・


<感想>

ag17112505.jpg
左から静野孔文監督、瀬下寛之監督、ハルオ役の宮野真守さん、ユウコ役の花澤香菜さん、脚本の虚淵玄さん

 ゴジラシリーズ初のアニメ作品となった『GODZILLA怪獣惑星』ですが、前作『シン・ゴジラ』がリアリティ(現実感)を前に出したのとは逆に、未来・宇宙人・宇宙船・ハイテクメカというSF要素満載で描いていたのには唸りました。

ag17081703.png

 
 オープニング、20世紀末にニューヨークにカマキラスが襲来したのがはじまりで、その後に世界各地で人類VS怪獣の戦いが続くが状況は人類の劣勢でした。そしてゴジラの出現で人類は崖っぷちに。その後に現われたエクシフとビルサルドの2種族の宇宙人の支援で一旦は劣勢を覆す人類ですが、再び現れたゴジラの圧倒的な力の前に敗北、対ゴジラ最終兵器のメカゴジラも起動せずに放棄し、人類は地球から宇宙船アラトラム号で脱出します。
 このオープニングで東宝怪獣たちが都市を襲う場面は特撮ファンの方は興奮したんじゃないでしょうか。中でも宇宙怪獣ドゴラは1964年以来53年ぶりにスクリーン復帰でした。チラッとですがメカゴジラが出てきましたね。残念ながら起動せずに放棄されちゃいましたが、このメカゴジラが今後に・・・・でしょうね!

ag17081705.png
恒星間移民船アラトラム号

 地球を脱出したものの20年宇宙を彷徨い続けて辿り着いた惑星はとても生物が生きていける場所ではなかった。これからどうしようと人類・エクシフ・ビルサルドの3種族は会議をした結果、宇宙船内の状態も考慮し亜空間飛行(ワープ)で地球に戻ることにします。だが気がかりなのはやっぱりゴジラ、しかも今回のゴジラはお馴染みの放射能熱線だけでなく身体の周りに強い電磁気を発生させることでできる鉄壁の防御シールドがあり、かつて米軍が行った150発もの熱核攻撃にも耐えました。ゴジラにATフィールドのようなバリアーなんてもう無敵じゃないか!反則過ぎるだろ!
 そんな中で主人公ハルオ・サカキがたぶん兄貴分のエクシフ人メトフィエスの協力を得ながら研究した「ゴジラ完全殲滅プラン」を上層部に披露。ゴジラが発生させる電磁シールドの周期にはノイズがあり、シールドの隙間を作り電磁気の増幅機関を破壊すればシールドを無力化できる。シールドを無力化したらEMP爆弾を撃ち込みゴジラの内部から破壊する。
 ハルオは地球脱出の時に両親をゴジラに殺されていました。だから両親の仇として対ゴジラに燃えています。しかし今主人公ハルオですが、肉親の仇で巨大生物に戦いも挑む主人公なんて前に他でも見かけた(〇撃の〇人とか)からかイマイチ新鮮味に欠けました。

ag17081706.png
打倒ゴジラに燃える主人公ハルオ・サカキ

 ハルオやメトフィエスも加入して結成された先行揚陸部隊が地球に降り立つと、そこは亜空間飛行の影響で20,000年もの月日が過ぎた地球でした。この未来の地球のビジュアルは凄かった。鬱蒼とした原生林、金属のように固い未知の植物が大繁殖したジャングル、ちょっと『風の谷のナウシカ』を彷彿とさせるような世界は圧巻でした。
 ここで揚陸部隊は翼竜型の新怪獣セルヴァムの襲撃を受けます。セルヴァムは『スターシップトゥルーパーズ』のように群れで襲い掛かってきますがセルヴァムはゴジラから枝分かれして進化した亜種だそうです。となると、今後も違う種類のゴジラの亜種が出てきそうですね。

ag17081706.jpg
ag17112502.png
ハルオたちが降り立った20000年後の地球

 そしてついに待ちに待ったアニメゴジラが登場しました。
 体つきは2014年公開のハリウッド版『ゴジラ』のゴジラに近いですが、樹木をモチーフにした肌のデザインはこれまでのゴジラのデザインと比べて異質ながら威圧感があっていい感じでしたね。ただ、放射能熱線が細いレーザービームみたいだったのは迫力不足に感じて残念でした。

ag17102403.jpg
ag17102404.jpg
『GODZILLA怪獣惑星』のゴジラ
実写特撮のゴジラとはまた違った威圧感がある

ag17112401.png
熱線はもっと迫力が欲しかった
 
 ゴジラの攻撃で司令官が戦死してしまったことにより新しい司令官はメトフィエスの提言でハルオに。リーダーになったハルオは的確に部下に指示をしながらゴジラとの対決に挑みます。
 ゴジラとハルオたち人類との戦いは、ホバーバイクの部隊がゴジラに急接近して戦うのでアニメーションならではの迫力があって見応えがありました。ホバーバイクを視点にゴジラの体をなぞるように映すシーンは目を見張りました。

ag17102406.jpg
ag17102405.jpg
ag17081709.png
ホバーバイクやパワードスーツでゴジラに戦いを挑む

 先の戦いでゴジラの電磁気の増幅機関が背ビレにあると突き止めたハルオたちは、ゴジラを攻撃しながら爆弾を仕掛けたエリアに誘い込みます。誘い込んだら爆弾を爆破し土砂や岩石でゴジラを下敷きにして動きを止めると集中攻撃をしたうえでパワードスーツに乗り込んだハルオがゴジラの背中に乗り移って背ビレを攻撃してシールドを無効。トドメにEMP爆弾を打ち込みゴジラは内部が爆発して倒れ人類はついにゴジラに勝利しました!
 え?人類がゴジラに勝ってしまったよ・・・・・まだ3部作の第1作目なのに・・・・・。映画の中のハルオたちは戦いが終わってホッとしてますが、観てる観客の僕は予想外にあっさりと倒されたゴジラに呆然としてしまいました。
 
 しかし・・・ゴゴゴゴ!と突如響く地鳴りと共に地中が割れてハルオたちの前に現われたのは・・・・!?

ag17070602.png
絶望は進化する!
 身長300m 体重10万トンのシリーズ最大サイズのゴジラ!!! 


ag17112503.jpg
アニメの超巨大ゴジラと歴代ゴジラ
超巨大ゴジラの前では118mのシン・ゴジラでさえ小さく見える!

 1954年の初代ゴジラが身長50m、2014年のハリウッド版ゴジラが108m、2016年のシン・ゴジラが身長118m、そして2017年のアニメゴジラはシン・ゴジラの倍以上の身長300m!デ、デカいなんて言葉でもおさまらない超巨大怪獣です!
 しかもこの超巨大ゴジラがハルオたち人類を地球から追い出したゴジラ自身でもありました。
 今までゴジラ映画はほとんど見てきて、去年のシン・ゴジラは衝撃でしたが、まさかたった1年後に衝撃を超える戦慄のゴジラを目撃することになるとは!
 なおハルオたちが倒したゴジラは、この世界におけるミニラである「ゴジラ・フィリウス」でした。えーあれで子供かよ!?

ag17112504.jpg
ハルオたちが必死になって倒したゴジラ・フィリウスが左
最後の最後に現われた超巨大ゴジラが右
 
 超巨大ゴジラの出現にさすがにヤバさを感じたハルオは部下に避難を命じますが、超巨大ゴジラは口からは音波、尻尾の一振りで衝撃波を起こして揚陸部隊のメカを次々と破壊していきます。ハルオもパワードスーツに乗りますがゴジラの衝撃波に巻き込まれて土砂に埋もれてしまい、最後は割れた窓からゴジラを見つめながら意識を失いました。
 ここからエンドロールですが、なんとも戦慄なラストでしたね。3部作ですからこの先も話が続くのですが、あんな超巨大ゴジラにどうやって戦うんだよ!?やってくれたなアニメゴジラ!ありがとう!

 エンドロール後、洞窟のような場所で目を覚ますハルオ。
 横も見ると原住民風の服装をして仮面をつけた褐色の少女がいました。ハルオが目を覚ましたのに気づくと、仮面を取ってホッとした表情で笑顔を見せます。
 場面がかわって前かがみに倒れたメカゴジラらしき巨体と、それを見る数人の人影が描かれたビジュアルが映し出され、

 第2部 『決戦機動増殖都市』  2018年5月公開

ag17112601.jpg


 の告知と共に映画は終わりました。
 ラストに出てきた褐色の少女は、この映画の前日譚を描いた小説『GODZILLA怪獣黙示録』のガバラ編に出てきた褐色の少女の子孫でしょうか?今後のキーキャラになりそうです。
 そしてメカゴジラ!なんだか僕の知っているメカゴジラと少しデザインが違うような感じもしますが、第2部ではちゃんと起動するようですね。しかし、メカゴジラで身長300mの超巨大ゴジラに対抗できるのか!?

そして、もうひとつ公開された第2部のビジュアル
我らが神とは?まさかモ〇ラ?

ag17112602.jpg


 2018年5月の公開を期待して待ちます!






 
 
 
 

 
 

傑作アニメ 『この世界の片隅に』 ロングバージョン製作 正式決定!





konoseka17111501.jpg

すずさん、公開1周年おめでとうございます! 

 100年後にも残る傑作と絶賛され大ヒットしたアニメ映画

この世界の片隅に

 2017年11月12日で晴れて公開1周年となり、東京のテアトル新宿にて記念イベントが行われ、片渕須直監督と主人公北条すず役を演じたのんさんら来場しました。

konoseka17111202.jpg
左より岩井七世さん(リンさん役)、のんさん(すずさん役)、片渕須直監督、尾身美詞さん(径子さん役)、
プロデューサーの真木太郎さん




 イベントの最中、映画のプロデューサーを務めた真木太郎さんがマイクを握り、

「巷でささやかれているロングバージョン。時期は確定していませんが、皆さんにお見せできることになりました!」

 と唐突の宣言。続けて片渕監督が、

「これから作ります。またみんなに参加してもらわないと!」

 とコメントしました。
 これにより『この世界の片隅に』ロングバージョンの製作が正式決定となりました!

 映画版『この世界の片隅に』では上映時間の都合から、原作でのエピソードがいくつかカットされていました。中でも偶然の出会いからはじまるすずさんと白木リンさんの友情物語は原作でも重要なエピソードでしたが、映画版ではリンさんの登場がわずかだったためほとんど描かれませんでした。
 予告編であったのに本編では無かったすずさんとリンさんが満開の桜の木に登って会話をするシーンもロングバージョンではしっかりと描かれますね!

konoseka17111204.jpg
予告より桜の木に登ったすずさんとリンさん

 このロングバージョンがいつ劇場公開されるのかは、まだ発表されたばかりだから不明ですが、急がずに長くともじっくりと製作してほしいです。
 我々映画ファンはいつまでも待ってますから!




 

  


㊗ 『シン・ゴジラ』 地上波初放送 感想





sg28072101.jpg

シン・ゴジラ 地上波襲来!

 11月12日午後9時よりテレビ朝日で2016年実写日本映画1位の大ヒットを記録した
 空前絶後!驚天動地!列島震撼!の怪獣映画超大作

シン・ゴジラ

 ついに地上波で初放送されました!
 僕もオープニングからラストまでテレビの前でツイッターで感想をツイートしながら見ました。
 以下は『シン・ゴジラ』を見ながら僕が書いたツイートです。
 


sg17111302.jpg

とても嬉しいことを叫んでくれる主人公・矢口を演じた長谷川博己さん
 


 全ての発端となったグローリー丸



ゴジラ第2形態・蒲田くんははじめて見た時は衝撃でしたね。



この場所に行けたのは嬉しかった!



sg17111301.jpg

↑この人はやはりカットされてしまいました。
後に見たらマンションがゴジラに倒されるシーンはカットされてませんでした。



◎巨災対のテーマ







これは2016年9月15日の全国一斉発声可能上映の静岡シネシティザードであった実話です。



 かっこよかった我が地元・静岡出身のピエール瀧さん







紫色の放射能熱線!
それはまるで夢の景色のように・・・・ただひたすらに、美しい眺めだった。








 矢口さんの泉ちゃんへの仕返しの“水ドン”は生で見てて爆笑しました。



今度の『GODZILLA怪獣惑星』で米国のゴジラへの核弾頭150発攻撃は描かれるでしょうか?





◎ヤシオリ作戦(宇宙大戦争)のテーマ





ラストのゴジラの尻尾 
何度見ても禍々しくて何とも言えぬインパクトがあります。



 最後のツイートは日本アカデミー賞受賞時の樋口真嗣監督のスピーチ
 樋口監督以外の画像の人たちは、本多猪四郎監督(左)と円谷英二特技監督(右)のツーショット、ゴジラのスーツアクターで活躍した中島春雄さん、平成ゴジラシリーズを牽引した川北紘一特技監督。
 みなさん『シン・ゴジラ』の大ヒットと日本アカデミー賞受賞を画像の笑顔のように喜んでいるでしょうね。

 以上、僕が『シン・ゴジラ』を見ながら出したツイートです。
 しかしテレビで映画を見ながら感想をツイートするのは楽しいな。
 次は『君の名は。』か『この世界の片隅に』の地上波放送の時にやりましょう!




『スター・ウォーズ』 全く新しい3部作の製作!





sw17111001.jpg

スターウォーズ・サーガはまだまだ続く・・・


 12月15日にシリーズ最新作にあたるエピソード8

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

sw17111002.jpg




 この映画の公開を直前に控え、ルーカスフィルムがレイが主人公の現在の三部作とは別に『スターウォーズ』の新三部作の製作を発表しました。そして、新三部作の1作目を『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督がメガホンを取るそうです。

sw17111003.jpg
ライアン・ジョンソン監督

 新三部作については発表されたばかりで詳細は現時点で不明ですがルーカスフィルムによると、

「今までの『スター・ウォーズ』で描かれなかった、銀河の一角から来た新しいキャラクターたちが登場する」

 とのことです。

 『最後のジェダイ』に続いて大仕事を任されたジョンソン監督はツイッターで、




「言うまでもなく、皆さんに『最後のジェダイ』を気に入ってもらいたいと思っています。でもいまは、本当に皆さんに『最後のジェダイ』を好きになってもらいたいと願っています」

 とツイートしました。
 『最後のジェダイ』の公開直前だし、その後にはエピソード9も待ってるし、他にスピンオフ作品もある。
 新三部作の内容が判明するのは相当先になるでしょうけど、気長に待つことにしましょう。
 しかし、なんだか僕が爺さんの頃にもスター・ウォーズのシリーズが続いてそうな気がしてきたな・・・・。

 スターウォーズの世界が舞台のゲーム

Star Wars バトルフロントⅡ




 来週11月17日に発売されます。
 プレイヤーは反乱軍か帝国軍の兵士になって戦うアクションゲームで、エピソード1~エピソード7までの舞台が用意されています。プレイヤーは最初は双方の兵士で戦いますが、条件を満たせばルークやレイ、カイロ・レン、ダースモールといった主役キャラクターで戦うことができます。
 またエピソード6~エピソード7の間の物語を帝国軍側の視点で描くストーリーモードもあります。






  

大ヒットSF 『ターミネーター』 裏話  主役が交代していた





t127110701.jpg

ダダンダンダダン! ダダンダンダダン!

 シュワちゃんとジェームズ・キャメロン監督の大出世作であるSF大作

ターミネーター

t117110702.jpg




  僕は昨日ツイッターで映画『ターミネーター』に関連するツイートをしました。



 このツイートしたら、多くのリツイートといいね!をいただきまして正直戸惑っています!(笑)
 みなさんもターミネーターが好きなんですね!

 さて僕のツイートですが、『ターミネーター』第1作目でターミネーターを演じるのが当初はシュワちゃんではなくて、『エイリアン』シリーズのビショップ役でお馴染みのランス・ヘンリクセンだった。
 これは数年前に読んだ映画雑誌ではじめて知りました。ジェームズ・キャメロン監督がイメージしていたターミネーター像は、

細身の一見ひ弱そうな人間だが実は凄まじい力を持っている
 
 だったそうです。このイメージにぴったり合ったのがキャメロン監督と旧知の仲だったヘンリクセンでした。
 そして映画会社に映画制作許可のプレゼンの際にキャメロン監督はヘンリクセンに頼み込み、皮のジャケットを着て、顔には特殊メイクを施したターミネーター姿になったヘンリクセンと一緒に映画会社に行ったそうです。
 当然ながらターミネーターのヘンリクセンに度肝抜かれた映画会社の人たちは、映画制作にGOサインを出しました。
 なおキャメロン監督の初期のターミネーターのイメージビジュアルは↓こちらです。

t117110704.jpg


 シュワちゃんのターミネーターと比べると細身ですね。
 それにしても、プレゼンの時のターミネーター姿のランス・ヘンリクセンは写真とか残っていないのですかね?
 とても見たいのですが・・・・・。

 ターミネーター役はランス・ヘンリクセンと考えていたキャメロン監督でしたが、映画会社側はO・J・シンプソンを薦めてきたそうです。そんな時に、映画ではマイケル・ビーンが演じたカイル・リース役に興味を持ってキャメロン監督に会いにきたのがシュワちゃんでした。シュワちゃんと面会したキャメロン監督はシュワちゃんに会うなり閃きを感じたようで、
「君こそターミネーターだ!」
 シュワちゃんにターミネーター役を薦めてきました。カイル役を考えていたシュワちゃんは最初は戸惑ったそうですが後に快諾。
 こうして人気キャラクター、シュワちゃんのターミネーターが誕生しました。そして『ターミネーター』を経てシュワちゃんは一躍ハリウッドスターに仲間入りを果たすことになりました。

t117110705.jpg
初期ターミネーターのイメージはこの人に受け継がれたかも

 また、キャメロン監督の当初のターミネーター像の「細身だが強い」の設定はその後も残り、続編『ターミネーター2』でロバート・パトリックが演じたターミネーター(T-1000)に受け継がれたという返信ツイートがありましたが、僕もそう思います。
 ターミネーターの初期イメージビジュアルはターミネーター(T-1000)にそっくりですよね。

 ところで、ターミネーター役を外されたランス・ヘンリクセンはどんな心境だったのか?
 2015年に来日した時には、

t117110707.jpg
2015年に来日時のランス・ヘンリクセン

「ジェームズ(キャメロン監督)とは『殺人魚フライングキラー』で知り合った当時から、映画作りに対する情熱に通じるものを感じよ。映画会社を説得するために、ターミネーターをプレゼンで必死に演じたんだ。最終的には(アーノルド・)シュワルツェネッガーが抜てきされたが、後でジェームズから『君を使う予定だった』と聞いたときは驚いたよ」

 と言って笑っていたそうです。『ターミネーター』では刑事を演じ、その後『エイリアン2』でアンドロイドのビショップを演じてブレイクしたランス・ヘンリクセン。今となってはいい思い出のかもしれません。
 なおインタビューで出てる『殺人魚フライングキラー』はジェームズ・キャメロン監督の監督デビュー作ですが、内容は軍隊が秘密裏に研究誕生させたピラニアとトビウオを掛け合わせた殺人魚がカリブ海のリゾート地を襲う動物パニックホラー映画です。
 数年前にレンタルで見ましたが、明らかに『ジョーズ』の大ヒットに便乗したB級映画でした。ちなみにキャメロン監督とっては栄えある監督デビュー作ですが、いろいろあってこの映画は振り返りたくないらしいです。

t117110706.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。