戦国ミステリー 上杉謙信は女性だった!?

戦国ミステリー 上杉謙信は女性だった!?

img_573897_9889582_0.jpg
信長の野望・天道の女性版上杉謙信!

 明日4月5日から6日とフジテレビ系列にて2夜連続の時代劇『女信長』が放送されます。

 このドラマは「織田信長が実は女性だった」という大胆な発想のもと、女性ながら男性の武士として生きた織田信長の生涯を描いています。


 もっとも、実際の織田信長が女性だったとはとても思えませんが、ひとりだけ

 「本当は女性だったのでは?」

 と、よく言われる戦国武将がいます。


 越後の上杉謙信です。


戦国ミステリー 上杉謙信は女性だった!?

 謙信の女性説ですが、もともと最初に提唱したのは歴史小説家である八切止夫氏と言われています。

 この八切氏が示した上杉謙信の女性説の根拠は、

◎ゴンザレス報告書

 スペインのゴンザレスという人物が日本についての調査報告書を国王フェリペ2世宛てに送りました。トレドの僧院にはその報告書が残されており、その中の「黄金情報」というとじこみに

 「会津の上杉景勝はその叔母の開発した佐渡の純金を沢山もっている」

 と書かれてあります。で、この「叔母」が謙信と言われてます。

◎謙信と婦人病

 謙信の死因は「大虫」でした。松平忠明が記したとされる『当代記』の天正六年条には

 『此の春越後景虎卒去(年四十九)大虫と云々』

 と記載されています。八切氏は「大虫」について以下のように解説している。

  三省堂明解古語辞典によると「大虫」は味噌の女言葉である。味噌は赤味噌を連想させ、月経の隠語として用いられた。(逆に、月経の赤色のイメージから、赤味噌のことを隠語で「大虫」とも言う。『式亭三馬の浮世床にも「おめえんちの雑煮は大虫かい』と聞く表現がある」と八切は記しています)

  ただし、八切氏は別の著書で「大虫」が月経そのものを指す言葉と解釈していますが。

◎謙信の描写

 当時、民衆の間で謙信のことを「男もおよばぬ大力無双」と歌った歌があったとされます。
 ただし、この歌詞が載っていたとされる長岡の山本ゴイさんの唄本『越後瞽女屋敷・世襲山本ごい名』という本は、八切氏が点字本を確認していることを書き残していますが、現在その本は見つかっていません。


 結局のところ、八切氏の謙信女性説は日本史学者・桑田忠親氏などによって厳しく批判され。内容も史料批判の甘さや当該時代背景の解釈での問題点が指摘されており、現在では八切氏の提言のいくつかは信じられていない状態です

 女性の謙信・・・・美しくクールな感じかな?
 今ドラマとかでやったら受けそうですね。


 フジテレビさん!
 女信長の次は女謙信はどうすか?
 

 







 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索