史跡巡り  桜田門外の変

史跡巡り  桜田門外の変

o0780024010804471685.jpg
桜田門外の変

 1670年(安政7年)3月3日 この日江戸は大雪に見舞われた。

 この日諸大名は江戸城に総登城の日。時の大老・井伊直弼も彦根藩邸井伊屋敷を五つ半(午前9時ごろ)に出立した。直弼の行列は、供廻りの徒士が26人。他に足軽・草履取・駕籠持ちなどを含めて全員で約60人だった。折からの大雪のため、徒士は雨合羽を着て、刀は雪で濡れないようにと柄袋をかけていた。
 行列は江戸城の桜田門に向けて順調に進んでいたが、その先には18人の男たちが直弼の行列を待ち構えていた。この男たちこそ関鉄之助を中心とした稲田重蔵・大関和七郎・山口辰之介・佐野竹之介・岡部三十郎・海後磋磯之介・黒澤忠三郎・斎藤監物・杉山弥一郎・蓮田市五郎・広岡子之次郎・広木松之介・増子金八・森五六郎・森山繁之介の水戸脱藩浪士と、ひとりだけ薩摩藩士の有村次左衛門からなる桜田門外の変の実行犯たちだった。
 井伊直弼の行列が桜田門に近づいた時、手筈通り行列前方の辻番所から森五六郎が直訴状を掲げて行列に近づいた。
「お願いがございます!」
「無礼者、控えろ!」
 突然現れた男を阻止しよう供頭の彦根藩士・日下部三郎右衛門が近づいたところ、森が日下部に斬りかかった。
「狼藉者だ!」
 前衛が襲われ、供廻りは直弼の駕籠の側を離れて応戦しようとした。
 だが、その隙を衝くかのように黒澤忠三郎(関鉄之助という説もある)が駕籠に向かってピストルを撃った。
「今だ井伊を斬るぞ!」
 その銃声を合図に残りの襲撃者たちが一斉に直弼の駕籠に殺到した。
 直弼側は雨合羽と柄袋が災いして反撃するのに時間がかかり、その間に何人もが倒された。
「殿(直弼)をお守りするのだ!」
 その中で彦根藩一の剣豪・河西忠左衛門は、冷静に雨合羽を脱ぎ捨てて柄袋を外し、駕籠脇で二刀流で立ちはだかった。河西は襲撃者の稲田重蔵を倒すなど奮戦したが、最後は数人がかりで攻撃され力尽きた。
 河西が倒れ、もはや直弼の駕籠を守る者はいなかった
「井伊大老ご覚悟!」
 広岡子之次郎と薩摩藩士の有村次左衛門が駕籠に刀を突きいれた。明らかに手応えがあった。直弼は居合いの達人で剣術の腕もあったが、先ほどの黒澤の銃撃で重傷を負い身動きできなかった。
「ば・・・馬鹿者どもが・・・日本がどうなってもよいのか」
 直弼は睨みつけたが、有村が有無を言わさず駕籠から引きずり出してとどめをさした。
「大老井伊直弼が首、おいがとりもうしたぞ!」
 有村が直弼の首級を掲げて叫んだ。
 
 
 これが幕末動乱のさきがけとなった桜田門外の変の一部始終です。

 大老・井伊直弼が暗殺された桜田門外の変から153年後の2013年
 
 私は事件の現場である桜田門を訪れました。


 史跡巡り 桜田門外の変 

405781_136079356584140_1649548196_n.jpg
現在の桜田門です。
さすがに事件の面影を残すものはありませんね。
残念ながら修復のための工事中で御門は幕で覆われてました

05.jpg

本来ならこのように立派な門構えが見れるのに・・・・。

yuurakuchou065.jpg

こちらは彦根藩井伊屋敷跡の石碑です。
現在は憲政記念館がある場所で、すぐ近くに国会議事堂があります。
写真を見ればわかりますが、井伊家の屋敷になる前は加藤清正の屋敷がありました。


601017_136079986584077_2081207111_n.jpg

井伊屋敷跡から桜田門の方向を見てびっくり。
写真の中央奥に見えるねずみ色に緑色の屋根の建物が工事中の桜田門です。
なんと井伊屋敷から桜田門までは約500mしか離れていませんでした。
つまり井伊直弼は屋敷を出て間もないうちに、関鉄之助ら水戸浪士らの襲撃を受けたということです。

DSCF3381_1.jpg

こちらが周辺の地図です。
この通り井伊屋敷から桜田門は目と鼻の先でした。
青線が井伊直弼行列の予定ルートで、赤いバツ印が襲撃場所です。

こればかりは現地に実際に行ってみないとわからない発見でした!


今後も史跡巡りを続けていこうと思います。






 

 
 

 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索