ゾンビ映画万歳! 『アイアムアヒーロー』 ネタバレ感想

ゾンビ映画万歳! 『アイアムアヒーロー』 ネタバレ感想





ih28050301.jpg
日本ゾンビ映画の傑作 ここに誕生!! 

 2016年のゴールデンウィーク真っただ中、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
 連休ですから映画を観に行っていますか?僕はさっそく映画館に行ってきました。
 観た映画は大河ドラマ『真田丸』でも活躍中の大泉洋さん主演、日本映画界が放ったゾンビ映画

アイアムアヒーロー

ih28050302.jpg

ih28050304.jpg

◎予告編





ih28050320.jpg
映画『アイアムアヒーロー』 主要関係者一同
左から原作者・花沢健吾先生、三谷役・塚地武雅さん、てっこ役・片瀬那奈さん、藪役、長澤まさみさん
英雄役・大泉洋さん、比呂美役・有村架純さん、モール生存者リーダー役・吉沢悠さん、松尾役・マキタスポーツさん、
佐藤信介監督


<ストーリー>

 漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る鈴木英雄。
 そんな彼の平凡な日々はある日突然終わる。なんと恋人がゾンビウイルスに感染して英雄に襲い掛かってきたのだ!慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、時すで遅く街はZQNと呼ばれるゾンビであふれていた!
 道中で出会った女子高生・早狩比呂美と共に助け合いながら逃げ続け、ふたりはウイルスが届かないとされる富士山を目指すのだが…。


ih28050303.jpg
左から主人公の鈴木英雄(大泉洋さん)、藪(長澤まさみさん)、 早狩比呂美(有村架純さん)

ih28050306.jpg
原作コミック版の鈴木英雄(左)、早狩比呂美(中央)、藪(右) 

◎メイキング



<感想>

 ちょうど20年前の1996年、ゲーム機・プレイステーションのゲームで発売された『バイオハザード』
 あのゲームに興奮し、気がついたらゾンビ映画ファンになっていました。
 あれから20年、ついに・・・・ついに日本映画で本気のゾンビ映画が誕生しました!!

 原作コミックは2巻までは以前読んだことがありましたが、主人公・英雄の冴えない日常を描いた1巻と、恐怖のZQN(ゾキュン=この作品でのゾンビの呼び名)パニックが広がっていく2巻の急展開には読みながら衝撃を受けました。
 あのコミックが実写映画化される、そのニュースを知った時は期待よりも不安の大きかったです。しかし、海外の映画祭で受賞するなど大好評らしいと知ると
「これはひょっとして、ひょっとするかも?」
 と思うようになり、決定打だったのが4月末に買った映画雑誌『映画秘宝』の特集ページ。そこにはゾンビ映画ならこれが無いとダメでしょ!な死屍累々のグロい劇中シーンの画像が!
 ゾンビ映画ファンとして期待に胸を膨らませて沼津市の映画館「シネマサンシャイン沼津」に観に行きました。
 
 映画がはじまってしばらくは英雄の冴えない日常が続きますが、その横でテレビニュースでは大パニックの前触れのような事件(犬が人間に噛まれたなど)が報道されるのはゾンビ映画ではよくある展開です。
 

 そしてはじまるZQNパニック! 片瀬那奈さん演じるてっこのZQNは怖かったですね。動きなんか『エクソシスト』のリンダ・ブレア顔負けで凄かったな。パンフレットによると5時間半もかけた全身特殊メイクでアザだらけの熱演をした片瀬さんお疲れ様でした。
 状況がつかめず混乱したまま仕事場の漫画家宅に行くと塚地武雅さん演じる先輩アシスタントが我を忘れてZQNになった同僚たちを撲殺してました。
 この時点でもうおびただしい鮮血が飛び、顔面陥没など凄まじいグロ描写でスクリーンにクギ付け状態です。

ih28050308.jpg
地獄絵図となった街を必死で逃げる英雄
後方にZQNに襲われてる人が!

ih28050310.jpg
都市大パニックシーンの撮影風景
 
 街に出るとすでに街全体が大パニックに陥ってます!
 ZQNパニックで街が大混乱になるシーンこれは良かったです。ここはほぼワンカットで逃げる英雄を中心に周囲の混乱ぶりを描いていますが、この方が怖さが感じられますね。
 ブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォー・Z』でも同じようなシーンがありましたが『アイアムアヒーロー』の方がいいです。

 ここで英雄は比呂美と出会い風間トオルさん演じる男性と共にタクシーに乗って逃げるのですが、風間さんもタクシーの運ちゃんもZQN化で恐怖のドライブに!
 このタクシーのアクションシーンは思っていた以上に激しくて息を飲みました。ZQN運ちゃんはアクセル思いきり含み込み猛スピードで周りの車にぶつかりながら走行しますから見てる方もヒヤヒヤものです。
 最後は激しく横転して止まるもののシートベルトをしていた英雄と比呂美はほぼ無傷で助かります。「あってよかったシートベルト!」が嫌というほどよくわかる場面です!


 ところで、英雄がタクシーに乗ってる時に車中のテレビのチャンネルをテレビ東京に代えてアニメが放送されてるのを見て、
「テレ東(劇中では東テレでした)がアニメを放送しているから大丈夫!」
 と説明するシーンは爆笑しました。ネット上で話題になる『テレ東では災害や事故が起こっても通常放送を続ける』のネタを映画に出してくるとは!もっとも劇中では英雄が説明した直後にテレ東も報道特別番組に切り替わり、さすがの英雄も絶望感に包まれますが・・・・。

 
 インターネットの情報(2チャンネルみたいだったけど)を頼りに安全らしい富士山を目指す英雄と比呂美。
 途中の神社でホッとひと息ついて休憩するふたり・・・・・それにしても、てっこのZQN襲撃からここまで怒涛の展開すぎて見てる僕もホッとしました。
 ところが比呂美が英雄に会う前に赤ちゃんZQNに噛まれており彼女をZQNに・・・・なったと思ったらギリギリで人間に踏みとどまったみたいで半ZQN人間に。
 ここから英雄は見た目は人間でもZQNみたいになった比呂美を守りながら移動することになります。

ih28050312.jpg
半ZQNになった比呂美をショッピングカートに乗せて移動する英雄

 そして着いた先が、静岡県民の僕も毎年1年に1回ぐらい言っている御殿場のアウトレットモールだったのでびっくりしました。
 でも見ていくうちにところどころ違う部分もあっておかしいなと思ったら、ここは閉店した韓国のアウトレットモールを御殿場のアウトレットに改造して撮影に使ったみたいです。こんなところよく見つけたな、
 ここで英雄は、モールに立て籠もる生存者のひとりで長澤まさみさん演じる藪と知り合うのですが、藪は男勝りの元看護士でなかなかカッコいい女性キャラクターでしたね。

ih28050314.jpg
比呂美を看病してくれる藪に感謝する英雄
 
 この後のモール編は、ゾンビ映画定番の生存者同士の対立や決死の食料調達などよくあるパターンが続いて少し退屈でしたが、モールに集まるZQNの群れがどれもバラエティ富んだキャラクターが多くて面白かった。特に頭が半分つぶれた元陸上選手のZQNは海外の映画にも出てこないゾンビで目を引きました。

 そして最大に見せ場であるクライマックス!
 ZQNに追われてモールの駐車場まで逃げてきた英雄たちだが、通路の途中でZQNの群れに両側から挟み撃ちにあってしまう。
 ここで、これまで銃は持っているのに「銃刀法違反」などの規則に縛られて撃つことができなかった英雄がついに覚悟を決めて発砲します。この発砲の1発目は今までのたまっていたすべてを吐き出すような一発は爽快感ありましたね!
 ここから英雄は迫りくるZQNの大群をひたすら一発ずつ顔面を狙って撃ち続けます!撃たれるたびに鮮血を吹き飛ばし顔が破裂して倒れていくZQNたち!藪も持ってる手斧でZQNの首・手足をぶった切りながら戦う!他の生存者もバットやボウガンで加勢する!

ih28050316.jpg
覚悟を決めた英雄はライフルの引き金を引いた!

 ここのアクションは凄まじかった!見てて「英雄やってしまぇー!」と叫んで応援したくなる気分になり本当に興奮しました!!
 最後に現われた陸上ZQNも英雄の銃床のフルスイングで頭を完全に叩き潰して勝利!
 戦いが終わり、凄まじい数のZQNが横たわるど真ん中で銃を手に立つ鈴木英雄
 最高にカッコいいぜ!!

 最後は白い車に乗って脱出。運転は藪に任せて精根尽きはたし疲れた英雄は後部座席で眠りにつく。
 凄惨な内容だっった先ほどまでとは逆の穏やかなラストで映画は終わります。
 どう見ても続編を匂わせる終わり方でしたが、続編は絶対に作ってほしいですね。

 この映画は主人公・鈴木英雄を演じる大泉洋さんが素晴らしかった!!
 と言うか、この映画は大泉さんの魅力をすべて注ぎ込んでいました。
 前半のダメ男ぶりも、後半の大活躍するかっこいいところも魅力的でした。

ih28050318.jpg
映画『アイアムアヒーロー』 一番の功労者・大泉洋さん!
 
 そして日本映画界がここまでのゾンビ映画が作ってくれたことに感謝感激です!
 エンドロールが出てきた時には、ゾンビ映画ファンとしての興奮と感動で涙が出そうになりました。
 『アイアムアヒーロー』がきっかけとなって日本でもゾンビ映画が作られることを切に願います!

 ありがとう! アイアムアヒーロー
 

◎『アイアムアヒーロー』スピンオフドラマ

 映画と連動しdTVにて長澤まさみさん演じる藪を主人公したスピンオフドラマ

アイアムアヒーロー はじまりの日

ih28050319.jpg


◎予告編



 このドラマが配信されています。
 内容はZQNパニックの前夜、藪が看護師として勤める病院で起きた惨劇を描いています。
 

アイアムアヒーロー 全巻セット (1-20巻 最新刊)/花沢 健吾/小学館

価格:12,202円
(2016/5/6 01:16時点)









 
 
 
   
 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索