火星で人類VSゴキブリ 『テラフォーマーズ』 感想

火星で人類VSゴキブリ 『テラフォーマーズ』 感想





tera28051001.jpg
公開前から酷評の嵐でしたが・・・・

 少し前に火星でマッド・デイモンがひとりで前向きにサバイバルする映画がありましたが、
 日本映画も火星を舞台にしたSF映画を作りました!

テラフォーマーズ

tera28051002.jpg

tera28051003.jpg


◎予告編





 アニメ化もされた人気SFコミックの実写映画化、しかも信頼できそうな三池崇史監督の映画
 しかし制作発表時から期待より不安視する声が大きく、公開直前の試写会で映画を観たある評論家の方が「駄作」と言ったのをきっかけにネット上では酷評の嵐が吹き荒れました。
 僕も正直言うと前日まで観に行くべきか悩んでいましたが、制作発表時の三池監督のコメント

「『スゲー漫画』から『スゲー映画』が生まれる事を証明しようと思う。映画をナメたら火傷するぞ!」

 を信じて、静岡市清水区のエスパルス・ドリームプラザにあるMOVIX清水で観てきました。

<ストーリー>
 
 2599年、人口増加により貧富の差が激しくなっている日本。
 次の移住先を探すため、火星地球化〈テラフォーミング〉計画が始まり、火星の気温を上げるためにコケと<ある生物>が送り込まれた。
 ところが、その<ある生物>は火星で予想外の進化を遂げてしまい、仕方がないのでそれを駆除するため、何も知らない貧乏な15人の日本人が火星に送り込まれるー。
 


<感想>

tera28050807.jpg
原作コミック版(左)と伊藤英明さんが演じる実写映画版(右)の小町小吉

 なかなか面白いB級SF映画でしたよ!(褒め言葉です)
 原作コミックは1巻を読んでますが、改めて映像で見るとブッ飛んだ内容ですね。よく三池監督は引き受けたなぁと感心してしまいます。

tera28050803.jpg
「ふたつで十分ですよ、お客さん」な未来の東京

 冒頭、犯罪を犯して主人公の伊藤英明さん演じる小町小吉とヒロイン(といっても出番少ない)の武井咲さん演じる秋田奈々緒が未来の東京で逃亡してますが、東京の街並みがリドリー・スコット監督&ハリソン・フォード主演の有名SF映画の街並みにそっくりでズッコケました。

tera28050804.jpg
本多晃博士(小栗旬さん)

 警察に捕まる2人ですが、そこに見るからに胡散臭すぎる小栗旬さん演じる本多晃博士が現われて無罪放免と莫大な報酬をエサにある提案をしてきます。
 地球の人口増加問題を解決するために火星移住計画が持ち上がり、まずは火星を人間が住める環境にしようとコケと一緒に何を血迷ったかゴキブリを火星に送り込みます。火星の環境を変えるのになぜゴキブリが適任だったのか理解できませんが、たくさんのゴキブリたちが火星の大地に広がっていく光景は見てて気分が悪くなりました。
 本多博士の説明だと、今度はそのゴキブリたちをで駆除したいので小町と奈々緒に駆除要員に参加してほしいということでした。

tera28050805.jpg
火星に向かう宇宙船内部  

 こうしてゴキブリ退治のために火星に向かう2人ですが、火星に行くのは小町と奈々緒を含めた15人の日本人。
 ただクルーの顔触れは犯罪者、極道、殺人鬼、テロリストと穏やかでない人ばかり。
 チームワークなんかとても期待できそうもありません。 
 こんな連中火星に送って大丈夫なのかよ!?と不安になってきますが、それ以上に火星はヤバかった・・・・!

tera28050806.jpg
ゴキブリ人間の皆さん

 火星で彼らを待っていたのは、この作品の真の主役・ゴキブリ人間ことテラフォーマーだった!
 原作コミックのテラフォーマーはとても衝撃的でしたが、映画版のテラフォーマーさんたちはつぶらな瞳とユーモラスな顔つきで見た目もあまり怖くないですね。正直いって可愛らしさもありました。ゴキブリキャラに可愛らしさって・・・・
でも、みんな体格はマッチョマンで動きも早く、奈々緒を含めクルーたちは次々と殺されます。中盤に出てくる大群のテラフォーマーによる「ゴキブリ津波」は圧巻でしたね。あれは見てて寒気がしました
やっぱテラフォーマーは怖かったな!ところでテラフォーマーたちはCGでしたがモーションキャプチャーで演じてた俳優は三池監督自身でした。これがこの映画における最大の衝撃でした!

tera28050810.jpg
ゴキブリ人間を演じる三池崇史監督!

 しかしこんなこともあろうかと、本多博士によってクルーたちは事前に改造手術されて昆虫人間に変身できるようになってました。この昆虫人間は、誰がどの昆虫に変身できるのか親切に池田秀一さんがナレーションで説明してくれるのでありがたかったですね。まあ中には「なんでその昆虫にしたの?」と思ってしまう人もいましたが・・・・

tera28050809.jpg
ハチ人間に変身した小町

 主人公の小町はオオスズメバチに変身するのですが、見た目は力強そうでしたね。かっこいいかと言われると・・・ですが。
 山下智久さんが演じた武藤仁はサバクトビバッタに変身しますがほとんど仮面ライダーでした!パワータイプの小町バチと反対にスピード感溢れるアクションはなかなかかっこよかったです。
 ただなぁ・・・・邦画(一部の海外映画でも)にありがちなんですがアクションの動きがカクカクしててとってもマンがチックだったのが残念でした。『テラフォーマーズ』の前に観た『シビルウォー』のスピード感ありながら滑らかだったアクションが印象的だっただけに『テラフォーマーズ』もアクションは頑張ってほしかった。
 小池栄子さんが演じたカマキリに変身する副長のアクションが一番かっこよかったかな?

 最初は優勢だったものの、数の力で攻めてくるテラフォーマーに対してさすがに劣勢になる小町たち。
 そこに前半あっさりテラフォーマーに殺されたはずの奈々緒が白く輝く蛾人間になって瞬いて来ました。美しいBGMに乗りやって来る蛾人間奈々緒。雰囲気から幻想的に描こうとしてるんでしょうが、それほど大きくもない蛾人間奈々緒がパタパタと羽ばたく姿は僕にはシュールに見えて頭抱えそうになりました。しかも、もったいぶって登場したわりにやったのが力技でした。

 最後は続編を匂わせるように終わります。強引な部分はありましたが面白かったです!
 現在テレビではアニメの『テラフォーマーズ』が放送中で、映画版の物語のその後を描いており小町がリーダーとなって(主人公じゃなくなりましたが・・・・)再び火星に乗り込んでゴキブリたちと再戦してます。
 実写映画化で怒った原作ファンの方にはすいませんが、僕は続編も実写化して見たいな!(笑)

【在庫あり/即出荷可】【漫画】テラフォーマーズ 全巻セット (1-17巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム

価格:9,435円
(2016/5/18 01:09時点)




オデッセイ (初回限定) 【Blu-ray】(発売日お届け)

価格:3,447円
(2016/5/18 01:10時点)



 

 
  
 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索