映画感想  マン・オブ・スティール

映画感想  マン・オブ・スティール

full_bg.jpg



「マン・オブ・スティール」を観てきました。制作クリストファー・ノーラン、監督ザック・スナイダーの新生スーパーマンの映画です。

内容としては「スーパーマン・ビギンズ」と言ったほうがいいでしょうか。
クリプトン星人のカル・エルが如何にしてスーパーマン=クラーク・ケントになったのかを描いています。


「ダークナイト」シリーズのノーランが制作なので、「ダークナイト」のようなシリアスで深く暗いヒーロー映画になるのでは?と思ってましたが、スーパーマンの葛藤は描かれるものの結構単純明快な娯楽映画だったので楽しめました。
楽しめたどころか、この夏の最後でこの夏一番凄い映画でした!

Man_of_Steel-Martin_Ansin-Mondo-Poster.jpg


僕はスーパーマンの映画を映画館で見るのは今回がはじめてのため、事前にスーパーマンを知ろうと先週木曜日にクリストファー・リーブ版「スーパーマン(第1作)」、金曜日に金曜ロードSHOWで「スーパーマン・リターンズ」を見ましたが、前の2作より今回の「マン・オブ・スティール」の方が面白かったです。

スーパーマンが高速移動しながらゾッド将軍の軍団と戦うアクションシーンは興奮しましたね。周りの建物を破壊しながらなのは余計だったような気がするけど・・・・。

Man_of_Steel-Superman-Henry_Cavill-Amy_Adams-001.jpg


スーパーマンのキャラクターも良かったですね。誠実でいい人っぽいヒーローという感じで。演じたヘンリー・カビルも似合ってましたよ。
今作で新スーパーマンとしては最高のデビューを飾ったと思います。

脇役では、地球人の養父を演じたケビン・コスナーが良かったですね。
我が子を心より愛するお父さんという感じがしてて。

ラストで眼鏡にスーツ姿でデイリー・プラネットの新聞記者になるスーパーマン。
ここから彼の活躍がはじまるんですね。
今後の新スーパーマンの活躍を期待したいと思います!

次回作は2015年公開だそうです。
なんと今度はバットマンが登場するみたいですね。バットマンを演じるのはベン・アフレックと発表されましたが、映画ファンの間では賛否両論で騒ぎになってます。僕はベン・アフレックの盟友であるマッド・デイモンが、
「ベンなら最高のバットマンになってくれるはずだよ」
と擁護してるので、彼の言葉を信じてみようかなと思ってます。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索