公開まであと8日 『シン・ゴジラ』は怪獣災害シミュレーション映画だ!

公開まであと8日 『シン・ゴジラ』は怪獣災害シミュレーション映画だ!





sg28072101.jpg
シンちゃん上陸まであと8日!

 庵野秀明総監督を中心に12年ぶりに製作されるゴジラシリーズ最新作

シン・ゴジラ

 この映画の製作で、庵野総監督は徹底したリアリティーへのこだわりから撮影に先立ち防衛省に協力を要請し、脚本執筆の段階から自衛隊とミーティングを持つなどリサーチを行ったと本作のプロデューサーである佐藤善宏さんは語りました。

sg28072102.jpg
撮影現場での庵野秀明総監督

「巨大な生物が現れた場合、防衛出動になるか、治安出動になるのか、そんなところからスタートして、どのような武器で対処するのか、など何時間もかけて話をお聞きしました」

 また、庵野総監督は自衛隊員の号令などの台詞に関しても、

「伝わりやすいものではなく、リアルなセリフ(専門用語)を求めてました。完成した映画でファンタジーなのはゴジラではないでしょうか」

sg28072103.jpg
右から3人目が庵野秀明総監督 庵野総監督の左隣が樋口真嗣監督兼特技監督
左端で座っているのは総理大臣を演じる大杉漣さん

 脚本執筆中、庵野総監督は疑問がわくと製作スタッフを通して聞ける範囲で政府機関・官僚などに確認してほしいと連絡してきたといいます。

「この映画のスタッフは1,500人規模ですが、政治家や官僚、自衛隊をはじめ、さまざまな形で協力していただいた方々の数を入れるとその倍以上になると思います」

 『シン・ゴジラ』はもし、今現在の日本に巨大生物が襲来したらどうなるのか!? その疑問に対して真っ向から挑んだ怪獣災害シミュレーション映画という面も持っている映画だそうです。
 日本に巨大怪獣が出現した時に国は、自衛隊は、そして国民はどう行動するのか?
 その答えひとつが7月29日の映画公開で示されるでしょう。

sg28072104.jpg
主役の長谷川博己さんと打ち合わせする庵野秀明総監督

映画『シン・ゴジラ』 7月29日公開です

◎予告編






 僕は『シン・ゴジラ』を7月30日に観に行く予定をしています。
 ただ、地元の映画館で観るか、シネマサンシャイン沼津で4DXで観るか、思い切ってゴジラヘッドがあるTOHOシネマズ新宿にまで行ってIMAXかMX4Dで観るか、とても今迷っています。
 本心としてはTOHOシネマズ新宿で観たいですが公開当日は絶対に混みますよね?



【入荷済み】 シン・ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016

価格:1,782円
(2016/7/21 23:50時点)




 

映画秘宝 2016年 09月号 [雑誌]

価格:1,080円
(2016/7/21 23:51時点)



スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索