2020年 東京にオリンピックが再び! 

2020年 東京にオリンピックが再び! 

無題

2013年9月7日早朝に大きな明るいニュースが飛び込んできました。

avKotxBvun_1_Getty2520Images.jpg


n-IOC-570.jpg

slide_316012_2884403_free.jpg


国際オリンピック委員会(IOC)の第125回総会が7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれ、東京が2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市に選ばれた。東京での五輪開催は1964年以来、56年ぶり2回目。日本での五輪は72年札幌、98年長野の2度の冬季五輪を含めて4回目となる。

 20年五輪には東京とマドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補した。7日の総会で各都市がプレゼンテーション(招致演説)を行ったあとに約100人のIOC委員の投票に入り、東京は1回目で42票を獲得して首位になった。マドリードとイスタンブールが26票で並んだため、再投票で49票を獲得したイスタンブールが45票のマドリードを退け、決選投票に進んだ。

 決選投票で東京は半数を大きく上回る60票を獲得する圧勝で36票のイスタンブールを引き離した。セレモニーでIOCのジャック・ロゲ会長が「TOKYO 2020」と示して開催都市決定を告げると東京招致委員会の関係者は喜びを爆発させた。

 大会の会期は20年7月24日~8月9日。パラリンピックは8月25日から9月6日まで。新たに建て替えられる国立競技場をメインスタジアムとし、中央区晴海に造られる選手村から大半の競技施設が8キロ以内に配置される。日本武道館など64年五輪と同じ会場で行う競技もある。

 20年五輪には当初、5都市が立候補を申請。昨年5月の1次選考でドーハ(カタール)、バクー(アゼルバイジャン)が落選して3都市に絞り込まれた。接戦が続いた招致レースは終盤になって、福島第1原発からの汚染水漏れに対する懸念がIOC委員に広がったが、最終演説後の質疑で安倍晋三首相が「汚染水は港湾内で完全にブロックされている。全く問題はない」と説明し、理解を求めた。演説の前には高円宮妃久子さまが被災地への支援に謝意を述べた。

 日本は88年夏季五輪で名古屋、08年夏季五輪で大阪が招致に失敗。16年夏季五輪招致で落選した東京は当時の石原慎太郎知事が再挑戦を決め、後任となった猪瀬直樹知事も前面に立って2回目の挑戦で悲願を達成した。


 生きているうちに日本で開催されるオリンピックが見れるとは・・・・・。
 7年後、東京でどんな熱いスポーツのドラマが起きるのか。

 楽しみに待っていようと思います! 
 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索