最低映画 ゴールデンラズベリー賞  

最低映画 ゴールデンラズベリー賞  





bvs16020201.jpg
バットマン「な・・なぜだ!?」
スーパーマン「おのれ『ジャスティスリーグ』で見返してやる!」 


 2016年公開の最低映画を決定するラジー賞こと第37回ゴールデンラズベリー賞が、いつものように今年も第89回アカデミー賞授賞式を翌日に控えた2月25日に発表されました。
 今年この不名誉極まりない賞を受賞したのは、ドナルド・トランプ現米大統領と大統領選挙を競ったヒラリー・クリントンさんのドキュメンタリー映画

ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー

hira17022601.jpg


これ結構ヤバい内容の映画なんじゃ・・・・・(・_・;)


  アメリカの2大ヒーローの激突を描いたヒーロー映画

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

bvs16040402.jpg




 両作品がそれぞれ最多4部門で受賞しました。
 作品賞に選ばれたのはヒラリーさんのドキュメンタリー映画の方で、ヒラリーさんの汚れた真実と民主党の隠された歴史を暴露するという内容だったようです。本作を手掛けた作家のディネシュ・ドゥスーザ氏は最低男優賞と最低監督賞を受賞。最低女優賞にも輝き主要部門をほぼ独占したました。
 なんとか作品賞は免れたものの『バットマンVSスーパーマン』には、最低脚本や最低リメイク、パクリ、続編映画に選ばれる結果になってしまいました。今年はバットマンやスーパーマンなどDCコミックのヒーロー達が正義軍団を結成する『ジャスティスリーグ』が公開予定ですが大丈夫なのでしょうか?

bvs16040405.jpg
バットマンもスーパーマンも頑張ったと思うのですが・・・・・

 一方、不名誉からの復活を果たした人物に贈られるラジー名誉挽回賞を受賞したのは先代マッドマックスのメル・ギブソン!
 今年6月に日本で公開予定の最新監督作、なんと太平洋戦争の沖縄戦を描いた戦争映画

ハクソー・リッジ

hira17022602.jpg
主演は『沈黙サイレンス』のアンドリュー・ガーフィールド
宣教師の次は衛生兵で日本に来ます




 この映画がとても高評価で本家アカデミー賞6部門にノミネート、メル・ギブソン監督自身も監督賞にノミネートされており納得の受賞となりました。
 ところで、この映画は沖縄戦が舞台ですから日本でも間違いなく注目されますね。沖縄戦を描いた映画と言えば岡本喜八監督(『シン・ゴジラ』で牧教授を写真で演じた)の『激動の昭和史 沖縄決戦』や『ひめゆりの塔』など見ましたがどれも日本側視点、ギブソン監督の『ハクソー・リッジ』はアメリカ側視点で沖縄戦を描いているので戦争映画に興味のある僕自身もかなり注目しています。

◎沖縄決戦






 
 

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索