新作公開前に 初代『キングコング』(1993年) 感想

新作公開前に 初代『キングコング』(1993年) 感想





kk17031101.jpg

これが元祖怪獣映画! 

 1933年に公開された巨大なゴリラが暴れるモンスターパニック映画

キングコング

kk17031102.jpg

kk17031103.jpg




 もうすぐ新作の『髑髏島の巨神』が公開されますが、これを前に記念すべきオリジナル版を見ました。

<ストーリー>

 野心家の映画監督カール・デナムは、大作冒険映画を作るために、撮影隊を引き連れ、未知の島「髑髏島」へ向かう。
島に到着した彼らは、何か重要な儀式の途中であった原住民と衝突。女優のアンは、何者かへの生贄として原住民にさらわれてしまう。怪しげな儀式の末に密林から彼女の前に現れたのは、巨大なゴリラ・コングだった!


<感想>

 1933年に公開だから第2次世界大戦前の映画なんですね。歴史だと日本が国際連盟を脱退したのがこの年です。
 2005年のピーター・ジャクソン監督によるリメイク版は映画館で観ましたが、1933年のオリジナル版は未見だったのでこの機会にレンタルで見ました。

 序盤はさすがに古い映画なんですが、途中でヒロインのアンが髑髏島の原住民にさらわれてキングコングの前にさし出された場面から引き込まれていきます。
 とは言え元祖キングコングなんですが・・・・意外と面白い表情しているんですね。初登場の時には怖いシーンなのにあの顔だからユーモラスで笑ってしまいました。

kk2017020503.jpg
面白い顔の元祖キングコング

 アンを救出するためにデナム達は探検隊を結成しますが、そんな探検隊を待っていたのが髑髏島に住む恐竜たちでした。
 最初に遭遇するのがステゴザウルスで探検隊を見るや突進!結局は銃弾で倒されるものの、この場面は手前に探検隊で奥に突進してくる恐竜の2つを合わせた合成映像ですが迫力があり公開当時に映画館で観た観客は度肝を抜いたでしょう。
 次に遭遇するのが湖の首長竜ですが、見せ方が湖面にヌッと首を出すほとんどネス湖のネッシーを写真(あの写真は作り物でした)を彷彿させるような演出。そして確か湖などの首長竜は草食恐竜のはずなのに問答無用に人間を襲って食っていました。
こ・・・この頃(1930年代)の恐竜の知識はこの程度だったのか?
 なんとか恐竜を振り切った探検隊の前にコング登場!丸太橋を渡っていた人間たちを橋を揺すって谷底に落としていく!
 その後のコングはティラノサウルスと激突!洞窟では大蛇を引きちぎり!空から襲ってきたプテラノドンども激闘!とコングと恐竜たちとのバトルが続きますが、これは昔ながらのコマ撮り撮影(ストップモーション)ですが今見てもなかなかの迫力があり思わず手に汗握ってしまいました。

 なんとかアンを救出した探検隊ですがコングが追っていきます。原住民の村はコングの襲来を受けてしまい阿鼻叫喚の地獄絵図に!驚くのが現代のキングコングからは考えられない人間を嚙み殺すは踏み潰すなどコングの容赦ない残酷行為。でも結局は爆弾によって気絶させられコングははるばるアメリカに連行されてしまうのです。
 しかし、デナムたちが乗ってきた船はそんな大きくはなかったような・・・・あんなデカブツをどうやって運んだんだ? 

kk17031104.jpg


 ニューヨークで見せ物されるコングですが、案の定鎖を引きちぎって脱走!ニュヨークの街に飛び出すや人や車を蹴散らして、電車さえも脱線させてしまう。髑髏島で共に過ごしたアンを求めて街を暴れまわるコング。途中で女性を捕まえますが金髪のアンとは違う黒髪の女生とわかるや無情にもポイ捨て!な、なんて奴だ。
 ついにアン本人を見つけて捕まえるや、当時できたばかりのエンパイヤステートビルの頂上へ移動。地上より上の方が安全と思ったのでしょうか? だが、そこへやって来たは複葉機の戦闘機部隊、いよいよ有名なエンパイアステートビル頂上のコングVS戦闘機の攻防戦がはじまります。
 アンを頂上の安全な区画におろすと周りを飛び交う戦闘機部隊と戦うコング。2機ぐらいは掴んで墜落させるものの容赦なく浴びせられる機銃で流れる流血を手に取り確認すると虚ろな目になって地上へと落下していく・・・・・
 髑髏島では恐竜との激闘に勝利してきたコングが文明の力である飛行機に為す術もなく破れるのには悲哀を感じながら映画は幕を閉じました。

 オリジナル版『キングコング』はその後のコングにあるユーモラスな部分より容赦ない攻撃や行動の方が目立つ怖いキングコングでしたが、少し1954年の初代ゴジラと通じる部分があって面白かった。
 最新作の『髑髏等の巨神』のコングもド迫力の戦いを繰り返す攻撃的なキャラで、意外と初代キングコングに近いコングになりそうですね。3月25日の公開を期待して待ちたいです!





 
 
 
 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索