『ザ・フォーリナー』 ジャッキー・チェン 復讐の鬼と化す!

『ザ・フォーリナー』 ジャッキー・チェン 復讐の鬼と化す!





jk17062701.jpg

ジャッキー・チェン 復讐の鬼と化す! 

 アジアを代表するアクションスターのジャッキーチェン
 そのジャッキーが今までの彼の作品とはまったく雰囲気が違うアクション映画に出演しました。


ザ・フォーリナー

jk17062702.png

◎予告編



<ストーリー>

 ロンドンで中華料理店を経営すミンは、ある日爆弾テロで最愛の娘を失ってしまう。
 娘の復讐を誓ったミンは血眼になって爆弾テロの黒幕を探し続け大物政治家ヘネシーに辿り着く。実はかつて凄腕のゲリラ兵だったミンは今まで培った全ての戦闘スキルを頼りにヘネシーに戦いを挑む!


  怖いですよジャッキーさん・・・・(・.・;)
  このところ現実にテロが相次いでいるロンドンが舞台なので複雑な気分になりますが、作家スティーヴン・レザーの小説『チャイナマン』の映画化で、ロンドンで起きた爆弾テロで娘を失った父親の復讐劇で主人公である父親を演じるのがジャッキー・チェンなんですが、こんな狂気と怒りに染まったジャッキーは見たことない!その復讐の鬼と化した表情ははじめて見た時はゾッとしました。こんなジャッキーの顔を見たモン・ハンやユンピョウの感想を聞きたいもんです。

jk17062703.jpg
テロで娘を失った主人公ミン

 一方、ミンのターゲットとなる大物政治家ヘネシーを演じるのはピアース・ブロスナン。なんと元ジェームス・ボンドですよ!これはジャッキー・チェンとは夢の対決実現ですね。
 ブロズナンが演じるヘネシーですが、やはりただの政治家ではないようです。ヘネシーの正体は何者なのか?本当に爆弾テロに関係しているのか?映画を見てのお楽しみですね。

jk17062704.jpg
鍵を握る(?)へネシー(左)とミン(右)

 映画の内容から『96時間』や『ジョン・ウィック』のようなここ数年流行りの「一般人と思ったら最強戦闘マシーンだった」系アクションのように思えますが果たして・・・・。
 予告編を見てみるとジャッキーはいつものカンフーアクションだけではなくショットガンを撃ってますね。銃器をぶっ放して戦うジャッキーは新鮮だ!

 この映画のメガホンを取るのは『カジノ・ロワイヤル』『グリーン・ランタン』などを手掛けたマーティン・キャンベル監督。
 映画『ザ・フォーリナー』は9月30日に中国で先行ロードショーの後、10月13日に全米公開。
 日本では早ければ年末、遅くても2018年の春ぐらいには公開されるのではないでしょうか。

 


 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索