劇場アニメ 『この世界の片隅に』  Blu-ray 購入しました

劇場アニメ 『この世界の片隅に』  Blu-ray 購入しました





konoseka112901.jpg

すずさんが我が家に来ました! 

 去年11月に映画館で観て深く感動Ýした劇場アニメ

この世界の片隅に

konoseka112903.jpg






 9月15日にこの映画のブルーレイとDVDが発売されましたが早速購入してきました!



kono17091701.png

 買ったのはブルーレイの特装限定版でした。
 特装限定版収納ケースの書き下ろしイラストと特製インナージャケットのすずさんが素晴らしいです!

kono17091402.jpg

 特装限定版収納ケースとインナージャケットに描かれた周作&すずの北条夫妻
 なんとも微笑ましいですねぇ~

 konoseika17091703.png

 これはメインメニュー画面です。
 この横顔のすずさんですが本編より大人っぽくて色気があって僕は好きですね。

konoseika17091705.jpg

 映画の冒頭シーンで幼いすずさんが広島の街を歩いている場面 
 活気のある広島の街の様子が描かれてますが、この街並みも1945年8月6日には・・・・・と考えると切ないものです。
 なお画面の中央にある大正屋呉服店は原爆の爆風にも耐えて現在も広島に残っています。

konoseka17091706.jpg

◎原爆投下以前の広島の街並み



 konoseka17091707.png

 ちょっとした発見で、周作さんと結婚式の真っただ中でモンペを脱ぐすずさんに父親の十郎さんは頭を抱えるのですが、その困った時のポーズが、すずさんが困った時のポーズになかなか似ていますね。
 
 また購入したばかりで本編も途中までしか見てないし、特典映像もまだ見ていません。
 これからゆっくりと見ていこうと思っていますが、先ほど実家の両親から「私らも見たいからブルーレイ実家に持ってきてくれ」から電話があり困っております。(近所のレンタルビデオ店でレンタルしろよ!)

<追記>
◎『この世界の片隅に』長尺版が製作開始!

<片渕須直監督>

konoseka17091708.jpg


『この世界の片隅に』DVD&BD、アマゾンなどで「監督の本来のプランどおりの長尺化が実現できていない」という理由で☆を少なめに入れておられる方もおられるようですが、ありがたいお声であり、しかしごめんなさい。今回発売されるのはそれとは別のもの、昨年11月12日以来劇場公開されてたバージョンをブラッシュアップしたものです。

この長さで完成された映画はすでにたくさんのお客さんたちの中に居場所を見つけたものであり、たくさんの映画賞をいただいてきたものでもあります。この形はすでにひとつの完成形なのです。当初作成した絵コンテに沿ったより長尺であるバージョンは現行のものとはまた別なもうひとつの映画として完成することになるでしょう。そしてそのための作業にも実のところすでに着手し始めているのですが、それはこの8月からスタートしたばかりです。本年7月までは半年以上かけて現行版のブラッシュアップ作業を徹底して行っていました。

この先長尺版の作業もさらに充実させていきますが、それは一朝一夕に完成するような安普請なものではなく、もっとじっくりと作り上げたいわけです。それなりに長い時間をいただくことになります。そして、繰り返しになりますが、長尺版の完成後にも現行の映画は意味を持ち続けるだろうと思っています。


 片渕監督、僕はいつまでも待ちますからじっくりと作り上げてください。
 『この世界の片隅に』長尺版 期待して待ってます!!



スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索