(映画感想) 永遠の0

(映画感想) 永遠の0

e698a0e794bbe3808ce6b0b8e981a0e381ae0e3808d.jpg



2014年元日に「永遠の0」を観てきました。
百田尚樹さんの原作小説はすでに読んでいたので、あの小説をどう映像化するのか期待して観ました。

感動して涙が出ました。原作小説を読み終わった時と同じくらいの感動がありましたね。
まだ正月ですが、もう2014年を代表する(公開スタートは2013年年末なんだが・・・)映画に出会えた感じです。



ただ、原作小説と比べると、映画はストーリーの展開が速すぎるような気がしました。また、小説を読んで知った坂井三郎さん、西澤廣義さんとなどの実在した零戦のエースパイロットのエピソードがまったく触れなかったですね。
(坂井さんは映画前半で笑顔の写真がチラッと出てきましたが)
なにより、原作では読んでて熱くなったエピローグの米軍側視点のエピソードが無かったのは非常に残念でした。

f4dfea15.jpg
坂井三郎さん(戦時中)

主人公・宮部久蔵の岡田准一さんは素晴らしかったですが、僕は宮部の孫を演じた三浦春馬さんに証言する夏八木勲さん、田中泯さん、山本 學さん、橋爪功さんといったベテラン俳優の方々がの方が強く印象に残りました。
特に夏八木さんは去年惜しくも亡くなられたこともあり、その台詞ひとつひとつが現在を生きる僕らへの遺言のように聞こえ、映画の中の夏八木さんは強烈な存在感を感じました。
映画も全体的には宮部久蔵の生き様を描いているものの、後半は夏八木さんと染谷将太さんが演じた大石賢一郎の生き様の方が強く感じられました。

E6B0B8E981A0E381AEEFBC903-thumbnail2.png
夏八木勲さん(熱演忘れません!)

そして、ストーリーだけでなく、ゼロ戦のドッグファイトは見応えありました。 CGとはいえ、日本映画でも十分迫力ある空中戦が描けるとわかって嬉しかった!


1381531861.jpg
零戦一覧
後列左端が宮部久蔵が特攻で乗った零戦21型
後列右端が大石賢一郎が乗った零戦52型
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索